見えない裏側矯正「インコグニトWEB」

他の矯正装置との違い

「メーカー仕様」 or 「オーダーメイド仕様」


 表側矯正、見えない矯正と言われる裏側矯正(舌側矯正)いずれも、「ブラケット」と「ワイヤー」で装置が構成されており、歯に直接接着したブラケットにワイヤーを通し、ゆるやかな力をかけ、歯を少しずつ移動させていきます。

ブラケットとワイヤーは、「メーカー仕様」と「オーダーメイド仕様」の2種類あります。

メーカー仕様を使用する場合、人それぞれ異なる歯の表面にブラケットをぴったりと装着しなければならないため、矯正歯科医の高い技術力が必要となってきます。

 一方、オーダーメイド仕様のインコグニトは、デジタル技術でひとりひとりの歯面にあったブラケットを作製するので装着しやすく、矯正歯科医も扱いやすい装置となっています。

他にも、歯の動きに合わせてマウスピースを取り替えていくタイプの装置などもあります。

種類
形状
素材
長所
短所
装置








ステンレス
など
 強くて壊れにくい。
 治療費が比較的低価格。
 金属のため、表側に装着する
 と目立つ。
 
表側矯正装置
 
セラミック
 半透明、もしくは透明なので
 装着中も装置が目立ちにく
 い。
 外部からの衝撃に弱いため、
 堅いものにぶつかるなどする
 と装置が割れることがある。
 
表側矯正装置
 
プラスチック
 半透明、もしくは透明なので
 装着中も装置が目立ちにく
 い。
 吸収しやすい材質のため、
 食べ物や飲み物による着色や
 長期治療で変形する恐れがあ
 る。
 
表側矯正装置
 














ステンレス
など
 裏側に装着のため、目立たな
 い。
 現在、バリエーションが豊富
 で、矯正歯科医自身が症状に
 より装置を選ぶことができ
 る。
 歯面からの凸部分の高さが
 やや高く、装着中に違和感を
 生じる可能性がある。
 
裏側矯正装置
 






ステンレス・
金合金など
 裏側に装着のため、目立たな
 い。(見えない矯正)
 個々の歯の形態に合わせて
 設計、作製されており、矯正
 歯科医が正確な位置に装着が
 できる。
 歯面からの凸部分の高さを
 できる限り低くしている為、
 装着中の違和感が少ない。
 オーダーメイドのため、紛失
 や破損すると再度作製するの
 に時間がかかり、治療が遅れ
 る可能性があるが、破損が少
 ないよう設計されている。
インコグニト矯正装置














樹脂類
 透明なので、装着中も装置が
 目立たない。
 取り外し式であり、患者さま
 が状況に応じて着脱すること
 ができる。
 患者さまが自由に着脱できる
 為、矯正歯科医の指示通りに
 装着をおこなわなかった場
 合、期待する治療効果を得る
 ことができない可能性があ
 る。
 症例により、この装置単独で
 の治療が困難である場合があ
 る。
マウスピース矯正装置



インコグニト ドクター検索&インタビュー

見えない裏側矯正 インコグニトとは? インコグニトの治療の流れ インコグニトのメリット・デメリット
他の矯正装置との違い インコグニトの治療期間 インコグニトの治療費用
インコグニトの症例・治療例 矯正歯科医院の選び方 インコグニトQ&A

TO PAGE TOP