見えない裏側矯正「インコグニトWEB」

インコグニトのメリット・デメリット

「インコグニトシステムの装着時の違和感と発音について」


 見えない矯正「インコグニトシステム」は、今までの既製の装置とは全く異なり、CAD/CAMシステムにより、患者さまの口腔内の違和感が極力少なくなるよう限界まで薄く作られており、裏側の装置の中では、最も違和感が少ない装置のひとつとなります。

ブラケットベースを可能な限り、薄くして作製されていることで、口腔内が狭くならず、口腔内トラブルの軽減や、発音障害がおきにくい、装着によるストレス負担の軽減などのメリットが上げられます。

 また、インコグニトシステムは、金合金でできているため、金属アレルギーのトラブルも少なく、発音に関しても、個人差はあるものの1〜2週間ほどで慣れるようです。


「インコグニトシステムの装着時の見た目について」


 インコグニトシステムは、表側から「見えない矯正装置」です。

仕事上、見た目を重視する方や、矯正装置が見えることが気になる方には、非常にメリットある装置となります。


「食事について」


 インコグニトシステムを装着した際の食事は、個人差もありますが、表側矯正に比べ、装置装着の当初は、食べづらさも残るようです。表側矯正同様に1ヶ月ほどで慣れるようです。


「治療完了・仕上がりについて」


 インコグニトシステムと表側矯正を比べても、仕上がりに関して、ほとんど差は御座いません。


「虫歯になるリスクについて」


 裏側矯正では、見えない部分に装置がついているため、虫歯になりやすいのでは?と心配する患者さまも多数いるかと思います。

インコグニトシステムで治療した患者さまは、表側矯正で治療した患者さまより、約1/5の虫歯発生率との調査報告がなされています。

理由としては、インコグニトシステムのブラケット部分が歯の裏側をカバーする面積が多いため、汚れから保護されている、唾液による自浄作用が活発で汚れがつきにくいなどの理由が上げられます。

 しかし、どんな矯正装置でも同様ですが、食後の歯磨きは、徹底して習慣づけることが大切となります。


「治療の期間について」


 インコグニトシステムでは、患者さまの歯型を3Dスキャンコンピューターにより、精密に計測するため、ブラケットを歯につける位置に誤差がなくなり、結果として、短期間で計画した正確な位置に並んでいきます。

患者さまの歯列状態により、治療期間は、一概にはいえないことも事実ですので、インコグニト認定医にご相談の上、矯正治療を進めることをお勧めいたします。


見えない矯正「インコグニトシステムの装置ついて」


 矯正治療中にブラケットがはずれると、治療の進行が遅れたり、口内炎などの痛みがでたりなどの不具合が生じます。

インコグニトシステムのブラケットベース面は、従来型の裏側矯正ブラケットに比べて、装着面積が大きく、歯への接着力が強いので、そのような不具合が少ないというメリットも上げられます。


見えない矯正「インコグニトシステムの作製期間について」


 インコグニトシステムの作製は、ドイツの工場でおこなわれており、患者さまの歯型の模型を日本からドイツへ送り、できあがったものが日本に送られてきます。

そのため、患者さまの歯型と噛み合わせ記録をとってから、装置のセットまで、約6〜7週間かかります。準備段階から装着まで時間がかかることがデメリットとなります。


「費用について」


 インコグニトシステムは、表側矯正の場合より、費用が高額なこともデメリットの1つなります。「大人の矯正」と言われる理由でもあります。


大人の矯正システム「インコグニト」のメリット・デメリット



インコグニト ドクター検索&インタビュー

見えない裏側矯正 インコグニトとは? インコグニトの治療の流れ インコグニトのメリット・デメリット
他の矯正装置との違い インコグニトの治療期間 インコグニトの治療費用
インコグニトの症例・治療例 矯正歯科医院の選び方 インコグニトQ&A

TO PAGE TOP