見えない裏側矯正「インコグニトWEB」

インコグニトの治療の流れ

「ドイツで作られる、あたなだけのインコグニトシステム」


 フルオーダーメイドの見えない矯正装置「インコグニトシステム」を作製するには、変形の少ない精密な歯型を作るため、特殊なシリコン製の材料を使用し、上下の歯型をとることから始まります。同時にかみ合せの記録も採取して、ドイツの工場に歯型とかみ合せ記録を送り、あなたのオーダーメイドのインコグニトシステムの作製に入ります。


「デジタルテクノロジーを駆使して作製されるインコグニトシステム」


 工場に模型が届くと、歯型からおこした石膏の模型の歯を治療ゴールの歯並びに並べかえ、セットアップモデルを作製し、3Dデジタルデータに変換するためにスキャニングされます。3Dデジタルデータ上で歯の形態を参照しながら、インコグニト・ブラケットのデザインと位置決めをします。


インコグニト治療の流れ


 3Dデジタルデータ上で決定したブラケット情報を元に、ワックスパターンを作製し、歯科用合金で鋳造します。出来上がったブラケットを研磨し、ワイヤーを装着するための溝のサイズを精密に計測しながら確認していきます。


インコグニト治療の流れ


 作製されたブラケットを石膏の模型に装着し、口腔内で接着するためのマウスピースを作製します。ブラケットに合わせてワイヤーを設計し、ロボットがその計画通りにワイヤーを曲げ、完成したものが、日本に送られてきます。


インコグニト治療の流れ



見えない矯正「インコグニトシステム」のセッティング


 あなた仕様にオーダーメイドされたインコグニトシステムを装着します。装着後は、定期的なチェックをしながら矯正治療が進んでいきます。


「保定期間について」


 歯列矯正により動かした歯は、放っておくと必ず元に戻ろうとしますので、「保定」という歯の後戻りを防ぎ、歯を支えている骨が落ち着くまでの期間が必要となります。固定式のものや、取り外しできるクリア式などの様々な保定装置があり、保定期間も個人差がありますので、認定医と相談しながら、保定期間を調整していきます。



インコグニト ドクター検索&インタビュー

見えない裏側矯正 インコグニトとは? インコグニトの治療の流れ インコグニトのメリット・デメリット
他の矯正装置との違い インコグニトの治療期間 インコグニトの治療費用
インコグニトの症例・治療例 矯正歯科医院の選び方 インコグニトQ&A

TO PAGE TOP